うつ病時の借金(特定調停2)

IMG_1598

うつ病時の借金(特定調停2)

利息制限法を上限に、過去の取引にさかのぼって計算をしなおします。 利息制限法を超えた利息を払っていた場合は、超えた部分を元金に充当しますから、返済回数が多いほど、減額が期待できます。 特定調停を申し立てると、取り立ての中止をはじめ、 強制執行や給与差し押さえ等を停止させることができ、申し立て期間中は返済をストップできる、などの利点があります。 自分で申し立てや出席が困難な場合は司法書士や弁護士に依頼するのもいいかもしれません。 多少費用は掛かりますが、多い利息を払い続けていた場合は結構な金額を取り戻したり減額したりできますので、検討する価値はあります。

何より行動しなければ、何も変わらないのですから、まずは手を付けてみることが大切です。うつ病の時は一番おっくうに感じられることだと思います。 それほど判断力や理解力が低下しているわけですから、家族や友人などの手を借りてでも、生活の基盤は確保するようにしてください。 結果としてそれがうつ病から早く解放される方法の一つでもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする