グレーゾーン金利

IMG_0382

グレーゾーン金利

「利息制限法」と「出資法」という法律があり、どちらも超えると罰則の規程があります。

ところが、利息制限法は元本で異なりますが、年15パーセントから年20パーセントの利息が上限と定められています。
出資法では、年29.2パーセントの金利が上限です。
以前の消費者金融の多くは、年25~28パーセントの金利で貸し出しをしています。
確かに出資法には違反していませんが、利息制限法の金利を超えているケースが多く見られます。
利息制限法の上限金利を超えていても、出資法の上限金利は超えていない金利のゾーンを、グレーゾーン金利と呼んでいます。

そして、

現在ではグレーゾーン金利は認められていません。

長年の争いの後、最高裁判所から「貸金業者(消費者金融など)は、利息制限法で定められた以上の金利(グレーゾーン金利)を、キャッシング利用者に返還しなければならない」という判決が出されました。

これにより、多くの利用者が払いすぎた金利の返還を求め、人によっては100万円を超える過払い金の返還を受けた人もいます。

ただし、請求権があるのは10年までで、業者が倒産した場合も請求が出来なくなりますから、もし心当たりがある方は早急に対処しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。