これってうつ病?

-shared-img-thumb-erry15072531_TP_V

これってうつ病?

体にガンなどの重大な疾患がある場合、3~4人に1人の割合でうつ症状が見られるそうです。 また更年期障害などでも同様の症状があらわれます。 うつ病が独立した症状でない場合は原因となった病気と並行して治療しなければいけません。 多くの場合うつ病は、気分がすぐれないなどの精神的な症状だけではありません。 うつ病は広い意味での自律神経失調症ですから、自律神経の働きが悪くなることで起きる様々な症状が起きても不思議ではありません。 反対に、自律神経の働きを悪くするような病気も、うつ病の発症の原因になります。

うつ病かそうでないか、あるいは何らかの疾患から起きている気分の落ち込みなのか、判断は簡単ではありません。 何かの疾患で病院にかかっているのであれば、担当の医師に相談すればいいのですが、おすすめはうつ病を専門としている医師の診断を受けることです。 うつ病は比較的新しい病気ともいえますので、原因や治し方などに関する理論もいろいろ更新されています。 うつ病の専門医は常に新しい情報に触れることが可能ですから、最先端の治療を受けることが可能になります。

もちろん薬の飲み合わせには細心の注意が必要ですから、医師や薬剤師に相談することは当然です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする