非定型うつ病

非定型うつ病

非定型うつ病とは、一般のうつ病に当てはまる症状とは違う症状の表れる、うつ病です。 30歳~35歳くらいの女性に患者が多く、一般に知られているうつ病の症状とは違うために、気づかれにくいのが非定型うつ病の特徴です。 一般に知られているうつ病とは違い、よく眠ったり、よく食べたりすることから、一般的に考えられているうつ病とは違うという意味で、非定型という病名がつけられています。 非定型うつ病でも、原因としてはストレスが考えられています。 このタイプは症状的に自分でも気づきにくいため、重症になりやすく、厄介です。 強いストレスがあるにもかかわらず、食べ過ぎたり、寝すぎたり、気分が落ち込んだり明るくなったり、など今までの自分とは違う感じがしたら非定型うつ病を疑うような注意が必要です。

自分ではなかなか気づきにくいので、周りの人から「最近あなたちょっと変よ」なんて言われて初めて病院に相談に行ったという例もあります。 元気そうに見えても、感情の起伏が以前と違って激しい、急に食べなくなったり、逆に食べ過ぎたりと、どこか変だなと感じたときは、ためらわずに病院で受診するように勧めてください。 受信するときにお医者さんが判断をしやすいように、変だなと思われる行動をメモしておくと良いでしょう。