うつ病時の借金(任意整理)

untitled

untitled

うつ病時の借金(任意整理)

借金の返済法の一つである任意整理は、弁護士や司法書士に代理人になってもらい、債権者と交渉して支払い方法の猶予や期間を決定し、それに基づいて分割返済をしていく方法です。

当然利息制限法の上限で利息を計算しなおしますから、利息の高い借金は必ず減額できます。
任意整理は弁護士や司法書士に依頼するわけですから、自分で何もする必要がないところが、特定調停と大きく異なります。 利息制限法の上限で計算しなおして利息を払い過ぎている場合、「過払金返還請求」や「不当利得返還請求」などで、超過分を取り戻すことができます。

裁判所を通さない手続きですから「官報」に掲載されることもありません。 また裁判所の呼出しなどで時間を拘束されることがありません。 借金減額を目的に任意整理は行います。

私的な債務整理で、しかも弁護士や司法書士が間に入るため、より大きな減額の可能性もあります。 また弁護士や司法書士に依頼した時点で債権者は督促の権利を失い、その後は返済案が決定するまで返済する必要もありません。 自分で手続きをする必要もなく、 裁判所の呼出しなどで時間を拘束されることもありません。 当然費用は掛かりますが、減額される額が大きいと見込まれれば検討してもいいでしょう。

お金に余裕がないときは法テラスなどを利用するといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする