うつ病と性格

うつ病と性格

うつ病になるのは、性格が几帳面だとか、まじめだとか、うつ病にかかりやすい性格があると言われています。 でも、性格には関係ないという説もあります。 またうつ病にかかる素質?もあると考えられています。 いろいろな説が出る裏には、うつ病の正体がまだよく分からないというのがあります。 分からないことにこだわるよりも、うつ病は絶対に治る病気だと考えて治療に取り組みことが肝心です。

よくわからない

うつ病を一言で表すと、いまだによく分からない病気だ、と思いましょう。 だからこそいろいろな説が横行することになっていて、余計に混乱しているのです。 うつ病と性格の関連についても同様に肯定派と否定派の論争は続いています。 うつ病に限ったことではないですが、原因の分からない病気に対して何らかの仮説を唱え、それが正しいと発信する。 その情報に触れた人がその情報で救われるのならまだしも、病気の原因を性格のせいにされたら、対処のしようがありません。 性格などそんなに簡単に変えられるはずがないからです。

そんな不確かな情報に惑わされることは時間やエネルギーの無駄と思ってください。 性格を変えようとするよりも、自分の価値観を変えようとする方がはるかに効果的だと理解してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする