ノルアドレナリン

ノルアドレナリン

神経を興奮させる神経伝達物質です。不安や恐怖を引き起こしたり、覚醒、集中、記憶、積極性、痛みを感じなくするなどのはたらきがあります。 ストレスとの関係も深く、ストレスを受けた際に自律神経の末端で分泌され、交感神経を刺激し、血圧や心拍数を高める作用があります。 うつ病では、セロトニンと並んでノルアドレナリンの不足が症状を生む原因となると考えられています。 ストレスを受けると一時的にノルアドレナリンが分泌されるのですが、ノルアドレナリンの生産速度には限界があり、ストレスを受けつづけると生産が間に合わなくなり、結果としてノルアドレナリンの不足につながります。 結局はストレス?

ホルモンの分泌は脳の一部、脳幹で自動的に調整されています。 単純に考えると、その脳幹の働きの限度を超えたと理解してください。 どんなに優れた脳であっても、限界は存在します。 体は長い年月をかけてこの世界に適応するよう進化してきました。 だからちょっとやそっとのストレスでは故障することはありません。

でも・・

毎日のようにストレスがかかり続けると、どうなるでしょうか。 いつかは脳の働きが追い付かなくなってくるのです。 結果として、ストレスに対抗するホルモンの分泌が間に合わなくなってしまうのです。