うつ病の最大原因はストレス

うつ病の最大原因はストレス

うつ病の主な原因はストレスと言われています。 人間はストレスを感じると、身体の防御機能が働き、ストレスに立ち向かうホルモンである副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレス反応が起こります。 長時間ストレスを受けたり、ストレスが緩和されると正常な場合は「フィードバック機構」が働いて次第にストレス反応が止まります。 うつ病になるとこれが止まらなくなってしまうと考えられています。 ストレス測定器で自分のストレス度合いを知ることなど、ストレス対策が大切です。

ストレスとは

ストレスとは自分の価値観と環境とのズレから生じると考えています。 自分の持っている価値観に固執しないように心がけると、少しはストレスを和らげることができます。 自分の持っている価値観が絶対のもののように思っていると、どうしても環境とのズレが生まれます。

自分の価値観に固執すればするほど、思う通りにならない生活になるからです。 多くの人はストレスを感じたときに、自分ではなく周りを、環境が変わればいいと願います。 残念ながら、自分の都合のいいように環境は変わってくれません(ノ_・。)

そこで、自分の価値観の枠を広げるようにしてみましょう。 価値観は、自分の生い立ちの中で形成されますから、別の家、別の性、別の国、別の地域、など生まれる場所によって大きく変化します。 ということは、それほど固執するほどたいそうなものではないと思ってください。

自分の価値観など対して重要ではない、と思えたとき、自然といろいろな価値観を認めることが簡単にできるようになります。 それと同時にストレスも軽減するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする