胃腸の調子が悪いのもうつ病の特徴です

2014-02-06 16.41.48

胃腸の調子が悪いのもうつ病の特徴です

うつ病の主な原因はストレスと言われていますから、ストレスに弱い胃腸にもダメージを与えます。 腸や胃の痛み、むかつき、胸焼け、吐き気、下痢、便秘など、胃腸に関連するいろいろな症状があらわれます。 うつ病の方で、胃腸調子が悪いと感じている方は、とりあえず病院で検査を受けましょう。 検査で異常がなければ、うつ病からくる症状ですから、一般的な胃腸薬では効果が薄いようです。

自律神経

うつ病は脳の細胞がダメージを受けた結果引き起こされる病気です。 ということは、当然自律神経系や免疫系にも影響を及ぼす可能性があります。 脳といっても、命を支えている脳幹という脳です。 もっとも、自律神経の働きが悪くなったことを原因とする胃腸障害もあるようですから、うつ病との関連付けは困難かもしれません。 とは言え、いずれにしても自律神経系の働きを良くすることが、うつ病にも胃腸にも効果的ということは間違いのないところですから、自律神経の働きを良くすると言われている方法を試してみましょう。

人それぞれの価値観もストレスも違うわけですから、この方法だけで十分というものはありませんが、自分の気持ちが楽になるような方法ならば試してみる価値はあります。

先ずは取り組むことから始めてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする