うつ病とサプリメント(ビタミンB)

7686851d4382ab371155e2f8d7c006db_s

うつ病とサプリメント(ビタミンB)

うつ病に効果的なビタミンBの中でも、ビタミンB1,ビタミンB6,ビタミンB12が脳や神経に大きく影響します。

ビタミンB1は脳のエネルギー変換に関係するビタミンとされ、不足すると不安や恐怖を感じるなどの症状が出ます。 ビタミンB6は体内でのアミノ酸代謝に必要なビタミンで、不足すると落ち着かないなどの症状が出ます。 ビタミンB12は脳の神経細胞の働きを助ける効果があります。 単体で摂取するよりも、ビタミンB1,ビタミンB6,ビタミンB12が含まれたビタミン剤を利用するのが効果的です。 また、ビタミンB1、をたくさん含んだ食品として、豚肉やウナギ、ナッツ類、豆類、穀類。 ビタミンB6をたくさん含んだ食品として、牛や豚、鶏のレバー、魚の赤身、ひまわりの種やピーナッツなどのナッツ類。 ビタミンB12をたくさん含んだ食品として、魚類、魚卵などがあげられます。

こういった多様な食品を食事に取り入れるのもいいでしょう。

何より食事から摂ると、取りすぎになりにくいという利点があります。

過剰摂取は逆効果になる危険性がありますので、注意が必要です。

サプリメントで摂る場合は、食欲が低下して食事が思うようにできないときに、補助的に量に気を付けて使用すると良いでしょう。

コメントの入力は終了しました。