うつ病患者に必要なのは家族の助け

FCFG100104814_TP_V

鬱病と家族

うつ病は怠けと違って、自分の心や体が自分のものでないかのように思い通りにならなくなる病気です。 見た目で明らかにおかしいと感じる場合は別にして、ほとんどは外見からは想像もつかないくらい症状がひどいものがあります。 うつ病の人を特別扱いする必要はありませんが、周囲の人もうつ病とはどんな病気なのかを理解することが大切です。 うつ病の実態を知ることが一番の助けになります。 うつ病には下手な慰めや励ましは逆効果になることがあるので注意が必要です。 とにかく本人の心がどうすれば少しでも軽くなるのかに焦点を絞って接してください。

ただし、

うつ病が進行していると、話すのさえおっくうに感じている場合もありますから、あまりあれこれ聞くのはお勧めできません。 一日の内でも調子の波がありますから、観察しながら、調子のよさそうな時に声をかけるようにするといいでしょう。 反対に腫れ物に触るような接し方も良くありません。 他の病気と同じように考えてみれば、どう接すればいいかわかると思います。 見た目には変わらないようでも、やる気だとか判断力だとか、楽しく生きていくのに必要な脳の機能が低下した状態がうつ病ですから、回復までには時間がかかると理解して、付き合ってあげてください。

コメントの入力は終了しました。