うつ病の治療、認知行動療法

N758_yorunohikoujyou_TP_V

認知行動療法

認知行動療法とは、認知療法と行動療法を統合した療法です。

うつ病の背景には「自分を否定する」感情があると仮定し、そこに働きかけることで考え方や価値観を変えていく効果を期待します。

行動療法は、自分が無意識にしている行動を変えてやることで、行動や習慣を変えることで考え方も変わってくるという効果を期待します。 認知行動療法は、脳の前頭野に働きかけると考えられていて、うつ病患者の半数以上に効果が見込めると言われています。 やり方は少し専門的で、残念ながら一人ではできません。 治療者と患者の対話の中から、患者の思考傾向や行動傾向を探り、ふぉこにゆがみや偏りがあるかを判断していきます。 それに基づいてさらに対話を重ね、患者のこだわりを患者自身が気づくように進められます。患者が自分の状態を認識できるようになると、患者自身が考え方や行動を変えていこうとするようになります。

最大の難関は治療者と患者の信頼がうまく育つかということです。

効果が治療者の力量に大きく左右される治療法ですが、うつ病の原因が強いストレスである場合は、考え方や価値観を変えることでストレスの軽減につながり、とても効果的な治療法だと言えます。

多くの専門医が手掛けていますので、気軽に始めるのもいいでしょう。