鬱病(うつ病)症状 吐き気

-shared-img-thumb-PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V

お伝えしている通り、うつ病は広い意味での自律神経失調症です。 だから、どんな身体的症状が出ても不思議ではありません。 私は経験がないのですが、うつ病の友人は吐き気で苦しんでいました。 彼の場合は、抗うつ薬を服用する前から吐き気があったそうなので、薬の副作用とは考えられませんでした。 うつ病の大きな原因はストレスですから、ストレスを受け続けることで胃腸の調子を崩し、結果として吐き気が出てくる、というのが一般的な考え方です。 中には、吐き気が先で、気持ち悪いのを我慢し続けているうちに、うつ病を発症した、という人もいます。 吐き気が気になったら、とりあえず内科に行き、吐き気を誘発する病気がないか調べてみましょう。

身体的にどこも異常が見つからない場合は、うつ病からくる神経症と考えられますので、吐き気を抑える薬を処方してもらい、落ち着いて取り組みましょう。 お話しした友人の場合は、夕食を6時から6時半くらいに食べることで、朝の吐き気は軽快したそうです。 入院生活みたいですが、朝起きたときに気持ちの悪い人は試してみてください。 最低でも1週間くらいは続けて、様子を見てくださいね。

あとは・・・

やはりストレスをどう扱うかですね。 私が試してみたのは、何が自分にストレスになっているか、紙に書き出してみました。 するとどうしても仕事に関することが多かったので、思い切って休職し、治療に専念しました。 一度には思い浮かばなくてもいいですから、半日や一日くらいかけて自分を見つめてみてください。

私がおすすめするのは、

可能であれば、ストレスの原因から逃げる、

ことです(笑)

いろいろな制約はあるでしょうが、逃げることを前提にして、対処してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。