うつ病は精神病か

IMG_1030

うつ病は精神病か?

精神病と言うととても嫌な感じがするのですが、うつ病は精神に異常をきたす病気ではありません。

私の経験や調べたことをもとにすると、うつ病は脳の病気だと断定できます。 ただ、脳が物理的にダメージを負うのかどうかに関しては、諸説あります。 物理的にダメージを負う、例えば傷や穴があるという説は、まだ現時点で公式には認められていませんが、何となくそうかもしれないとも思えます(^^; 脳が物理的にダメージを負っているのかどうかは別にして、結果として脳の働きがスムーズでなくなった状態がうつ病です。 東北大名誉教授の松沢大樹氏が脳の傷説を唱えているのですが、同時にストレスを緩和させてやると傷が修復されるとも言われています。

ということは、

うつ病を治そうとすると、まず第一にストレスをどう処理するかが大切だと考えられます。 抗うつ薬などの治療を併用する必要がある人は処方してもらうことになるのですが、そのとき心療内科がいいのか、それとも精神科がいいのか、悩む人が結構多いように思えます。 私個人の考えですが、うつ病は精神病ではないものの、診療は精神科が良いと思います。 と言うのも、精神科の医師は多くの患者を診てきている専門家だからです。 薬の効果や副作用など、一般的な心療内科よりも多くの知識を持っています。 もちろん、しっかりと話を聞いてくれる医師を選ぶのは当たり前ですが、精神科に通うのを極端に嫌がることはしない方がいいでしょう。

家族の理解も必要になりますから、できれば診察に付き添ってもらうと良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする