脳の機能低下

OMG150918570I9A6088_TP_V

脳の機能低下

このサイトでも紹介していますが、うつ病は脳の細胞組織がダメージを受けたことで発症する、という説があります。 物理的にダメージを負うことが原因とする説ですね。 対して多くの専門家の間では、うつ病は現代のような忙しい社会において少なからず発生する心理社会的な状況因を背景にして脳の機能が異常をきたすと考えられています。 脳の機能異常が原因とは言え「治療可能な脳の疾患」であるという見解が専門家たちの間で共有されているということは、仮に物理的なダメージであろうと、機能異常であろうと、治るという結論が出されているということです。

なぜ脳が機能低下を起こすかということに関しては、明確な答えは用意されていませんが、年を取ってからのうつ病は加齢に伴う脳の老化によって、情動をコントロールする機能が弱くなることが原因だと考えられています。

若い人たちのうつ病でも、情動をコントロールする機能が低下していることが認められていますので、若い人たちでも脳の老化と同じような現象が起きていると推測できます。 私はこれを脳の疲れと表現します。 強いストレスで脳の働きが低下した状態ですね。 となると治すには、私がいつも言っている通り、やはり脳の働きを良くするのが一番という結論になります。 これからの専門家たちが原因を特定してくれる研究を待ちたいですね。