正解はない

2013-10-27 12.46.02

私たちは成長する過程で自己を正当化するクセを身に付けます。 そのクセのおかげで自分は正しいんだと認識したくてたまりません(^^; その脳の性質がうつ病の発症の原因となるストレスと大きな関係を持つのですが、なかなかそこに気づくのは容易なことではないようです。 そして、自分は正しいと思いたいから何に対しても正解をほしがります。

ところが・・

少し考えていただければ分かるのですが、この世に正解なんてそうそうあるものではありません。 自分が正解だと信じている世界があるだけで、他人から見るととんでもない間違いだと指摘されることも少なくありません。

経験上、高学歴の人、学校の成績の良かった人は特にf正解を欲しがる傾向が強いように見受けられます。 ストレスとは、自分の価値観と環境とのズレを不快なものとしてとらえている状態です。 だからストレスを緩和させる、つまり自分の価値観と環境とのズレを少なくさせるには、自分の価値観と環境とが歩み寄る必要がありますね。

ところが多くの人は自分の価値観は正解だと認識していますから、環境が変わるべきだ、もっとはっきり言うと、周りの人が自分に合わせるべきだ、と思っています。 でも残念なことに、周りの人たちも自分の価値観は正解だと認識しているのです(^^;

ほとんどの場合、環境があなたに歩み寄ってくれることはありません。 となれば、あなたのストレスを緩和させるのはあなた自身しかないのです。 もちろん自分の価値観をかたくなに主張することも自由ですし、それでうつ病が治るかどうかも世界中の誰にも分かりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする