うつ病の治し方

2014-02-07 12.55.36

うつ病の治し方

うつ病の治し方には決まったものがないように思われます。 というのも、症状の程度に個人差がかなりあるのと、一人ひとりの置かれている環境がみな違うからです。 私の周りのうつ病経験者も、通院して抗うつ薬だけで治った人もいますし、逆に抗うつ薬で悪化した人もいます。

症状が軽度な場合の治し方

うつ症状の自覚はあるものの、仕事や人との付き合いも何とか出来ているような場合は、軽度なうつ病と考えてください。 こんな場合は、私個人的には抗うつ薬は必要ないと思います。 自分の生活を見回して、何がストレスになっているのか、体に疲労がたまっていないかなどに目を向けてみてください。 うつ病の原因としていろいろ言われていますが、とりあえず心身の疲労が溜まったことが一番の原因ですから、心身をできるだけ休ませることで症状は軽快してくるはずです。 疲労感が強い場合は何かの病気かも知れませんから、病院での検査はおすすめです。

症状が中程度な場合の治し方

うつ病の自覚症状があり、仕事や人との付き合いがきつくなっていたら、中程度のうつ病と考えてください。 こんな場合は、抗うつ薬の使用も考慮する必要があります。 医師の診断を受けていない場合は速やかに相談してみましょう。 同時に、やはり自分の生活を見回して、何がストレスになっているのか、体に疲労がたまっていないかなどに目を向けてみてください。 そこを残したままでは良い治療効果が見込めないからです。 基本的には認知療法・認知行動療法を取り入れてください。

症状が重度な場合の治し方

仕事や家事が手に付かなくなると重度のうつ病と考えてください。 この場合は、何をさておいても休むことが必要になります。 しばらくの間、うつ病を治すことに専念することをおすすめします。 医師の診断を受け、治し方についてのアドバイスをしてもらってください。 ただし、しっかりと話を聞いてくれる医師を探してください。 医師との相性も治りに大きな影響があります。