うつ病 親の介護

親の介護とうつ病

うつ病の一番の原因はストレスだと考えられています。

そして介護は、大きなストレスを伴う仕事です。

ということは、介護とうつ病には大きな関連があるということになります。

もしあなたが介護をしていて鬱の自覚が少しでもあったら・・・

少しの間だけでも構いませんから、介護から距離を置くようにしてください。

そんなのとても無理、と思っているうちにあなたの脳は確実にダメージを蓄積していると理解してください。

うつ病は発症から対処までの時間が長いほど重症化しやすく、治りも遅くなる傾向があります。

一刻も早く公的機関に相談しましょう。

ほとんどの場合、家族や親せきはあてになりません。

あてにならないどころか、好き勝手なことを言う分、始末が悪いと思ってください。

あなたが介護の負担を担っている分、自分たちが楽をできるからです。

鬱の自覚があれば、とりあえず自分のことに専念してください。

重症化すると、間違いなく今より大変になるからです。

今の大変さを誰かに分かってもらうことはできません。

人は人の大変さを理解してくれることはないのです。

もちろん家族も親戚も同様に、あなたの大変さを、苦しさを分かってくれることはほとんどないのです。

だから、自分から逃げるようにしてください。

結局はそれがみんなのためになると思ってください。

決して一人で抱え込まないようにしてください。

どこにどう相談すればいいのか分からなければお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする