うつ病治療に体内物質βヒドロキシ酪酸(BHB) 鳥取大学

photo credit: National Institutes of Health (NIH) Neurological connections via photopin (license)

photo credit: National Institutes of Health (NIH) Neurological connections via photopin (license)

体内で生成される物質にうつ病の改善効果の物質を確認

鳥取大学医学部の研究グループは体内で生成される物質βヒドロキシ酪酸(BHB)にうつ病の改善効果があることを確認できたと発表しました。

ストレスを与えたラットを使った実験で、BHBを与えたラットはうつ症状が改善され、同時に「インターロイキン1β」の発生が抑制されていたそうです。

この「インターロイキン1β」という物質はうつ病の原因とされる炎症性の物質で、脳が強いストレスにさらされたときに産生されると考えられています。

うつ病は強いストレスで脳に炎症が起こり、その結果神経伝達が阻害される病気です。

従来の治療は、抗うつ薬などを使って神経伝達物質を増やすことに主眼が置かれていました。

抗うつ薬は、副作用や効果のない患者がいるなどの問題を抱えていましたが、今回のβヒドロキシ酪酸(BHB)は体内で生成されることから、副作用や効果に関しても抗うつ薬より優れているのではと期待がかかっています。

βヒドロキシ酪酸(BHB)に関してはすでに美容に効果的、ガンに効果がある、などの報告もなされており、海外ではサプリメントとしても発売されているようです。

今後はラットではなく人間に対してどれほどの効果があるのか研究が続けられるそうです。

こちらの記事も参考にしてください

⇒  うつ病治療にβヒドロキシ酪酸(BHB)

⇒  うつ病の治療、ケトン食(BHB)