うつ病治療に胃薬?-岡山理科大学

photo credit: Nawarona Big ears via photopin (license)

photo credit: Nawarona Big ears via photopin (license)

うつ病治療に胃薬が効果的

岡山理科大学などの研究グループは、胃薬を服用するとうつ病の症状が改善するという研究結果を発表しました。(2017.06.01)

それによるとマウスを使った実験でテブレノンという胃薬を服用させたマウスがうつ症状を改善させたということです。

この薬は、細胞がストレスにさらされることで生成される熱ショックタンパク質の発現を促進させる効果を持っているということです。

熱ショックタンパク質は細胞が傷ついたときに細胞を保護する役割を持ちますが、傷ついた細胞を保護する効果が胃だけでなく、脳にも及ぶことが確認されたことになります。

うつ病は強いストレスなどで脳内に炎症が起き、脳細胞にダメージを与える病気ですから、このダメージを保護したり修復することができれば、うつ病の改善に役立つと考えられています。

というのも、強いストレスを受けてうつ病状態になったマウスの脳を解析すると、記憶や学習能力に関係する「海馬」の熱ショックタンパク質の発現量が正常なマウスと比較して大きく低下していることが分かったからです。

このうつ病状態のマウスにテブレノンを経口投与したところ、うつ病症状が改善したということです。

熱ショックタンパク質には、神経の成長や生成を促す物質である「神経栄養因子」の発現量を増やす効果も確認されたことで、うつ症状の改善になぜ胃薬であるテブレノンが効果的なのかが解明できたそうです。

このテブレノンは安全性が確立していることもあって、うつ病の治療に期待が持たれています。