うつ病の治療 うつ病は治る病気 カウンセリングルーム

うつ病カウンセリング

投稿日:

photo credit: Marco Bellucci The next swing via photopin (license)

うつ病とカウンセリング

うつ病の特徴として、理解力の低下というものがあります。

うつ病になっている人はそれを自覚しているので、人と積極的に関わることを好みません。

私の経験上、初めてカウンセリングをした人が、最初からいろいろ話すことはありません。

こちらから質問をしても、考えがまとまらないのか、なかなか言葉として出てこないのが普通です。

 

うつ病は、ストレスに脳が負けた状態だと思ってください。

ちなみに、脳が負けるとは、自分に価値を感じなくなることです。

個人的には、人は自分の精神を守るために自分をとことん正当化する性質を身につけていると思っています。

つまり、人は誰でも自分が一番、自分は正しいと思うことで精神の安定を保っていると思ってください。

だから、少々ストレスを感じたところであっさりと脳が負けるなんてことはないはずです。

何かのきっかけがあって、自分を正当化できなくなったり、自分が一番ではない、自分は正しくない、と思うようになると自分の精神が安定しなくなり、自分に価値を感じなくなるのです。

 

その何かのきっかけを見つけることがカウンセリングだと私は思っています。

人は分かっているようで、自分のことはよく分かっていないものです。

だから自分の思考の中で何が起きているのか、よく分かっていないのが普通なのです。

 

少し客観的にみると、意外に何がきっかけで自分に価値を感じなくなっているのかが分かるものです。

パットのラインを読むキャディーのような感じですね。

キャディーはグリーンの起伏や芝目、風の向きや強さなど、すべての情報を知っています。

それをもとに、求めに応じてアドバイスを与えます。

 

私たちカウンセラーも、いろいろな経験からうつ病になる過程を推測できます。

だから、人によって、症状に合わせて、適切なアドバイスができるのです。

 

遠慮なくご相談ください。

ご相談はこちらまで

-うつ病の治療, うつ病は治る病気, カウンセリングルーム
-, ,

Copyright© うつ病、引きこもりの前に撃退! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.