うつ病の知識

うつ病かなと思ったら、まずは受診!!

投稿日:

まずは受診

うつ病かどうかの判断はとても難しいものです。

うつ病と見られる陰に、重大な病気が潜んでいる場合も考えられます。

素人判断は危険ですから、何かおかしいなと感じたら、専門医の受診を受けましょう。

 

どんな病気もそうですが、時間の経過とともに次第に症状が軽快し、いつの間にか治っていたということがあります。

しかし、2週間以上も症状が軽快しない、あるいは症状が重症化している、と感じられたときは速やかに医師の診断を受けましょう。

 

もちろんうつ病も例外ではありません。

単なる気分の落ち込みと思っていたのに、朝起きるのさえ辛くなってきた、食欲がわかないなどの自覚が現れて来たら、ためらわずに病院に行きましょう。

うつ病はほっといて治ることはなかなかありません。

 

人によって、症状の出方が違うのもうつ病の特徴です。

精神的な落ち込みを第一に感じる人もいれば、集中力の低下が顕著に現れる人もいます。

体のだるさを訴え続けて、結局はうつ病だった例もあります。

なかなか自分では気づかないものですが、たとえうつ病の初期でも気分が晴れることはありません。

気分の落ち込みほどではなくても、晴れやかな気分になれない、しかも集中力の低下や何に対しても興味がわかない、なんてことがあれば、うつ病の可能性があると思ってください。

-うつ病の知識
-, , ,

Copyright© うつ病、引きこもりの前に撃退! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.