うつ病の治療

うつ病には日光浴がおすすめ

投稿日:

 

photo credit: Indigo Skies Photography morning glory via photopin (license)

うつ病と日光浴

季節性うつ病というのもあって、日照時間が少なくなってくるとうつ病が増える傾向があります。

うつ病の予防にも、治療にも有効なのが日光浴です。

日光を浴びると、セロトニン生成器官が刺激され、セロトニンが作られます。

山や海など自分の好きなところに出かけるのが一番効果的ですが、無理して出かけることはお勧めしません。

部屋の中でもいいですから、太陽と仲良くしましょう。

うつ病は広い意味での自律神経失調症だと考えられます。

自律神経のリズムを取り戻すには、ある程度の規則正しい生活がおすすめです。

太陽とともに起き、太陽が隠れたら眠る、そんな生活が自律神経のリズムを調整してくれます。

もちろん、無理する必要はありません。

体調が許せるときだけでもいいですから、日の出とともに一日を始めてみてはいかがでしょうか。

自律神経は、ある程度ですがしつける?ことが可能です。

リズムを持って生活をすることで、自律神経自体も正しいリズムを取り戻します。

そうなればしめたもの^^

少しずつでも体調の回復を感じることができるはずです。

外に出かけるのがつらい時には、部屋の中で太陽の光を浴びるのもおすすめです。

太陽の光には、私たちの脳を活性してくれる力がありますから、うつ病の治療にも有効です。

-うつ病の治療
-, , , ,

Copyright© うつ病、引きこもりの前に撃退! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.